大分のダンボール・発泡スチロールの相談なら山村産業

山村産業株式会社
TEL:097-558-9000 お問い合わせ

会社案内

企業理念

資材メーカーとしての躍進。そして、ノウハウを生かした未来への挑戦

代表メッセージ

当社は昭和31年の創業以来、大分県を地盤にしてダンボールケース・発泡スチロール他包装資材を製造・販売して参りました。

お陰様で多くのお客様からご用命頂いております。創業者山村君子の遺訓「貧主互換」を社是にして、これからも新しい時代のご要望にもしっかりと眼を開き、より多くのお客様に喜ばれる商品・サービスを提供することで社会のお役に立てるよう経営して参ります。

山村産業株式会社 代表取締役社長 堀 賢一

会社概要

社 名 山村産業株式会社
設 立 昭和36年1月
資本金 4,000万円
所在地
◯本社
〒870-0146 大分県大分市乙津港町1丁目6番29号
TEL.097-558-9000 FAX.097-558-8514
WEB:http://www.yamamurasangyo.co.jp
◯つるみ事業所
〒876-1201 大分県佐伯市鶴見大字吹浦1083番地
代表者 代表取締役社長 堀 賢一
事業内容 ダンボール、発泡スチロールの製造・販売
従業員 26名
取引銀行 大分銀行 鶴崎支店
リンク先 日之出紙器工業株式会社 HP

アクセス

大きな地図で見る

沿革

1956年(昭和31年) 山村君子が鶴崎木材工業を創業し蒲鉾板を製造
1961年(昭和36年) 現在の山村産業株式会社を資本金2,000千円で設立
1962年(昭和37年) ダンボールケースの製造販売を開始。シートは聯合紙器株式会社(現在のレンゴー株式会社)から購入
1970年(昭和45年) 発泡スチロールの製造販売を開始
1973年(昭和48年) FRP浄化槽他製造販売の山村環境機器株式会社を設立
1985年(昭和60年) 気泡緩衝材の製造販売を開始
発泡スチロール製造販売のつるみ化成工業株式会社を県南地区に設立
1988年(昭和63年) 山村環境機器株式会社をサンパックに社名変更
1989年(平成元年) 気泡緩衝材の製造を株式会社サンパックに移管
2002年(平成14年) つるみ化成工業株式会社合併
2006年(平成18年) 日之出紙器工業株式会社が当社の全株式を買い取り子会社化
※株式会社サンパックは買収の対象から除外(翌年事業停止)
2008年(平成20年) ISO9001取得
2012年(平成24年) エコアクション21取得